二の腕のブツブツに悩んでいるあなたへ

二の腕のブツブツに悩んでいるあなたへ

夏が近づくと肌の露出の割合も増えます。最近二の腕のざらつきや赤いブツブツに悩んでいる人が多くいるようです。
その二の腕の赤いブツブツザラザラしたものは、毛孔性苔癬とよばれていて皮膚の代謝異常で毛穴に古い角質が溜まることが原因だといわれています。毛孔性苔癬は、男女に限らず多い症状ですが幼少期から思春期にかけて発症して20代~30代に症状が見られることが多く、若い女性の半数に症状があると言われています。
小さい頃からブツブツやザラザラがあってなかなか治らず、半ば諦めているといった方も多くいらっしゃるようです。また二の腕だけでなく、足や顔にもできることがあるため、ニキビと勘違いすることが多いのですが、ニキビと違ってなかなか改善されないのが毛孔性苔癬です。
なかなか治らない毛孔性苔癬にはエステサロンでのピーリングを行ってケアする事をお勧めします。
また、肌が乾燥することで症状が悪化してしまうので、保湿ケアが大切です。毛穴に角質が詰まってしまうのも肌の水分不足も原因の一つとされていますので、表面だけでなく皮膚の奥まで潤いを届けることが大切になります。皮膚の代謝異常で毛穴に溜まってしまった古い角質をピーリングによって正常なターンオーバーが行われるようにすれば症状は改善していきます。
現在「二の腕のざらつきコース」等毛孔性苔癬向けのコースを設けているエステサロンもありますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
二の腕のざらつきやぶつぶつを改善して夏のおしゃれを存分に楽しみましょう。

TOPへ