上手なエステサロンの解約方法

上手なエステサロンの解約方法

エステサロンに行き、その場では契約するつもりはなかったのに強引な勧誘を受けて契約をしてしまったり、ずっと利用するつもりで契約をしたけれど、多忙になり通えなくなったり、思ったほど効果が得られず途中でエステに通うのをやめたい等と悩んでいる方が結構多くいるようです。
「自分で決断して契約したことだから仕方ない」等と何もせずに高額な料金を払い続けている方もいるようですが、エステの契約はクーリングオフ制度を使って契約を無効にしたり、途中で通わなくなってしまった場合も中途解約ができる制度が利用できるという事を事前に知っておきましょう。

もし無理な勧誘や、その場の雰囲気で断りきれずに契約してしまって後々考えた結果やっぱり契約を解除したいと思ったときは、契約書の交付から8日以内にクーリングオフをしましょう。ただし、クーリングオフを適用するには一定の条件を満たしている必要があります。総額の金額が5万円を超える契約で、なおかつ契約期間が1か月を超えるものであれば、無条件で契約を解除することができます。エステ契約時にセット購入した化粧品等の関連商品も同時にクーリングオフできます。未開封のものは返品時の送料負担も必要ありませんが、自分で開封してしまったり、使ってしまった分の代金は支払う必要があります。(サロン側が商品説明のために開封したものはクーリングオフできます。)クーリングオフの場合は損害賠償金や、キャンセル料を支払う必要はありません。
また、クーリングオフ期間を過ぎてしまったり、通えなくなってしまったり、期待した効果が得られないので解約したい等という場合には中途解約を行います。中途解約の場合は損害賠償金を支払う必要があり、サービスを受ける前の解約であれば2万円、サービスを受けた後の解約は、2万円または残額の10%に相当する額のいずれか低い額+すでに受けたサービスの対価に相当する金額を支払う必要があります。
いずれの方法も内容証明郵便等を使って書面で相手側に通知を行います。電話や口頭で伝えてもクーリングオフは適用されません。
インターネット等を検索すれば、内容証明の作成方法などもわかりますがこういったトラブルの場合は行政書士等専門の方に手続きの代行をするのが一番です。行政書士等のHP等を見ると、エステ契約についてのトラブルの無料相談を行っているところもありますので、一人で悩まずにまず相談をしてみましょう。
無理な勧誘による契約や、自分に必要のない契約は強い意志を持って断ることが大切ですが、万が一こういったトラブルが起こった場合には上記のような方法で契約を解除できるという事を覚えておいてください。

TOPへ